メガネ屋の選び方について

予算に合った商品を置いているメガネ屋

メガネはリーズナブルなものから高価なものまで、金額が幅広いです。メガネの金額が異なるのは、フレームの素材が関係しています。安い素材は大量生産できてデザインも豊富にありますが、壊れるリスクが高まります。一方、高い素材は柔軟性や耐久性に優れていますが、安くても数万円かかるため注意が必要です。また、レンズによっても金額が異なります。フレームが安くても、レンズの度数が高かったり、ブルーライトカットや花粉防止などのオプションが付いているレンズを選ぶと、あっという間に予算オーバーしてしまうのです。

メガネ屋によって取り扱い商品やオプションの追加料金は異なります。また、視力測定が有料のケースもあります。事前に料金を調べてから出向くようにしましょう。

接客が丁寧なメガネ屋

フレーム選びから視力測定まで、真剣に向き合ってくれる店員がいるメガネ屋を選びましょう。接客が丁寧な特徴として、あらかじめ予算を伝えておけば、その予算に合ったメガネを紹介してくれることが挙げられます。視力測定の際も、本人が納得するまで粘り強く付き合ってくれます。しかし、メガネ屋の中には売り上げを重視している悪徳な店もあるため注意が必要です。例えば、フレームが頑丈だからといって売りつけようとしたり、視力測定に時間をかけません。

予算をオーバーすることはもちろん、視力測定を甘く見ているのはメガネ屋として論外です。こうしたメガネ屋は、アフターケアもありません。自分に合ったメガネ選びのためにも、料金だけではなく、店員の対応も重視しましょう。